育成方針

高いテクニックと状況判断。体力と創造力を育む。そして何よりもあきらめない気持ちを!

人間性の基礎を育む

サッカーを通して挨拶する、人の話を聞く、自分を表現する、人とコミュニケーションをとる事。
チームワークなど、人間性の基礎となる部分を育む。

実践で戦える選手の育成

失敗や成功体験を数多く経験させ、実践で戦える選手を育成する。

計画的な指導

年間スケジュールを立てステップアップしながら、計画的に指導を行う。

個人の技術の向上

一人ひとりの技術の向上を重視する。

チーム全体の強化

一人ひとりの技術を上げることでチーム全体の強化を行う。

年代•レベルに合った指導

年代•レベルごとに必要な身体の動き•技術を順を追って確実に身に付けさせる。

テーマを持った練習

目的をはっきりさせ、テーマを持った練習を行う。

集中して練習できる環境

コーチが一人ひとりを見ることにより、選手が集中して練習する環境を作る。

高く良い習慣を身に付けさせる

コーチが一人ひとりを見ることにより、選手が集中して練習する環境を作る。

1対1の局面強化

1対1から3人目の動き(予測を含む)までの関係で、ON及びOFFに特化させトレーニングすることによりクリエィティブの基礎ともいえる1対1の局面の強化に重点を置く。

技術の徹底

全ての技術を徹底させ、コンパクトなサッカーに負けないように。

ダイレクトプレーの習慣

ゴールへの最短距離をみつける。

バイタルエリア攻防の理解

どこに入っていくか•どこに入れてどこをあけるか

トランジション行動の浸透

ONとOFFの両方を考え(ボールを奪えそう•ボールを奪われそう)予測行動と守備のトランジションを意識させる。

認知力を上げる

(予測•行動•実行)どこでミスがおきているかの観察力を上げていく。

見抜いているプレーをする

子供に見る目を養わせる•相手の変化を見逃さない。