malvaは日本サッカーの概念に不足していた ボールを「運ぶ力」を確実に身につけます。

子供たちの色々な可能性を考えて指導します。

私が考えるmalvaとは「よくないことは叱って、良いことは褒めて一緒に楽しく成長できる!」 そういったチームです。

 

子供たちそれぞれに、それぞれの能力や豊かな才能があり、指導者である私達が子供たちの能力や才能を、最大限に引き出してあげることを一番大切にしています。

 

また指導者もそれぞれでボールの持ち方や見せ方など、それぞれに好みのスタイルがありますが、malvaでは指導者の好き嫌いを押し付けるのではなく、子供たちの色々な可能性を考え指導しております。

malvaが1対1にこだわる理由。

malvaが1対1にこだわる理由は、まずサッカーとは相手と戦うスポーツであり、すべての場面で1対1があり、その繋がりで11人が存在します。

 

まず1対1でボールを取られてしまうとサッカーはおもしろくないし、1対1でトライし続けることでチームも強くなり、さらに自分自身も強くなり成長します。

 

また1対1を知ることで全体を見ることができ、全体を見ることでボールのない所でも、かけ引きができます。

 

普段の生活の中(学校・家庭・友達など)にも必ず1対1の場面があり、私はサッカーにおける1対1は人生そのものだと考えています。

トライできる場所を多く提供する。

多くがこれはするな。あれはするな。となりがちですが、1対1でのトライをいっぱいしてほしい。多くの失敗を繰り返しながら、「できる」「できない」を確認していくことが大事です。

 

失敗と成功の経験を多くさせ、しっかり自己分析をすること。それは目の前 のゴールのためだけのものではありません。これから先の様々なゴール(目 標)に向かっていくために、成長するために大人になっても必要な事です。

 

目標を達成するために何が足らなく、できないのか。どうすれば目標を達成できるか。サッカーだけの話ではありません。

ボールを運ぶ力とは。

ドリブルで仕掛けるのか、仲間にパスをするか。サッカーは相手や場所など状況の変化が激しいスポーツです。その時その時を自分でしっかり感じ、 瞬時に判断することを身につける必要があります。

 

味方を使いパスを選択するのか?自分で仕掛けるのか?ボールをいかに運ぶか自分で判断しないと行けません。

 

判断するための技術やチャレンジする勇気。そして仲間の動きを見る一人ではできません。瞬時に状況に応じて判断すること。それはサッカー以外でも非常に大事なことです。

子供達の気持ちを一番に考える。

最後にmalvaが目指すものは、子供達の気持ちを一番に考えることです。勝ちを望むのであればとことん勝ちを目指して取り組み、その中で子供たちには敗けや引き分け、嬉しい思い、悔しい思いなど色々な本物の経験を知り成長してもらいたいと考えています。

 

まずは自分を好きになることで 相手も好きになり、人に優しさを与えられたりという選手が増えることで、情のある世の中にしていきたいと考えています。

 

サッカーを通して、色々学んでこれから先の様々なことに生かして欲しい。サッカーに限らず、海外に出て、いろんなことを感じて、心の芯の強さをも って生まれ育った日本をもっと強く、優しい国にして欲しい。自分の学びや考え方の原点を振り返ったとき、それがサッカーだと嬉しいです。malvaは子供たちのいろんな可能性をいつまでも応援し、サポートしていきます。

malva代表 浅野智久 malva代表

浅野智久 Tomohisa Asano

Profile

1971年11月3日生まれ。茨城県出身。小学校5年から中学1年生の夏まで読売クラブ(現東京ヴェルディ)に所属。ヤマハ発動機(現ジュビロ磐田)を退団。1年間ブラジルに留学し、1部リーグ 「ボタフォゴジュニオール」と契約。帰国後国士舘大学(この間に清水エスパルスのプロテスト に合格する)に進学。1994年、1995年吉田拓郎がパーソナリティをつとめるTV番組「地球 ZIGZAG」にセリエ・Aへ挑戦するという企画を持ち込み、見事企画が採用されイタリアへ渡る。

 

1996年フットサル日本代表に選出されたが辞退。1997年レコード会社イーストワークエンタテイメント入社し、綾戸智恵、日野元彦、佐藤允彦のレーベルA&Rとして活躍。1998年、フットサル 日本代表候補に選出。2000年退社後、malva soccer schoolを開校。

 

大津祐樹(柏レイソル・元日 本代表)や古賀太陽(柏レイソル・元U-19日本代表)など多数のJリーガー、プロ選手を育成、 輩出。監督としてmalva茨城U-15、malva茨城U-12を日本一へ、malva千葉u-12を2度の全国大会準優勝へ導いた。またスペインのレアルマドリード傘下のC,Dカニージャースでも指導の経験を持つ。

malva紹介動画
松木安太郎氏との対談
浅野智久ブログ

malvaの基本コンセプト

CONCEPT
クラブの役割

「育てる」事を第一に考え、親がかりで何でもやるのではなく、子供が一人の人間としてそれぞれの年齢に応じた「自立」を サッカーというスポーツを通して目指す"場"と考えています。子供たち一人一人の個性、能力にあわせ、それをうまく引き出し てあげることがこのクラブの役割です。マルバサッカースクールは人間の成長を第一に考えた教育の場として存在しています。 子供たちをいかに人間として成長させるかが大事なのです。すべての子供たちは努力次第で一流の道へのチャンスはあります。 当スクールでは、日々子供たちと向き合い、見抜く努力をし、素晴らしい未来を掴む環境創りを常に目指しています。

コーチングコンセプト
スクールカリキュラム
大会実績
個性を伸ばす取り組み
三者面談の実施
1

年2回の三者面談を実施しております。「どんな練習方法がありますか?」「普段のスクールの取り組み、様子はどうですか?」等、保護者やお子様の疑問や進路相談もできるので安心です。

ヒーロープロジェクト
2

malvaサッカースクールの生徒たちが試合後や練習 後にインタビューに答えます。例えば「今日のプレーの良かった所は?」「憧れの選手は?」「目標の選手は?」など。それはまるでヒーローそのものです。

イベント盛りだくさん
3

スクール以外でも各校ごとにイベントを企画し、開催しています。津田沼校では玉田選手、柏校では大津・酒井選手が来校するイベントも行います。

トレーニングキャンプ
4

スクール以外でも各校ごとにイベントを企画し、開催しています。津田沼校では玉田選手、柏校では大津・酒井選手が来校するイベントも行います。

海外留学への積極性
5

スクール以外でも各校ごとにイベントを企画し、開催しています。津田沼校では玉田選手、柏校では大津・酒井選手が来校するイベントも行います。

無料体験スクール
pagetop